Home  ツール便覧

その他 ( 10/36件 )

ADMER2

[ 公式 サイト ]
[ 詳細を見る ]
要約 ADMER*とは、独立行政法人 産業技術総合研究所(AIST)が開発した化学物質の大気環境濃度推定及び曝露評価を行なうモデルと一連のシステムであり、以下の機能を備えています。* 気象データの作成・確認* 化学物質排出量データの作成・確認* 化学物質大気中濃度及び沈着量の計算 * 曝露人口の推計* 計算結果図化* 計算結果ヒストグラム表示* 正式名称:産総研?曝露・リスク評価大気拡散モデル (AIST-ADMER)、 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology - Atmospheric Dispersion Model for Exposure and Risk Assessment
主な対象データ 化合物 対象年のアメダスデータ(CD-ROM)、または、Version 2.5からは対象年のADMER専用アメダスデータ・・・気象データ作成に利用 * 対象化学物質の排出量に関するデータ(点源排出量、県別・市町村別排出量等) ・・・グリッド排出量データ作成に利用

ADMER3

要約 ADMER3は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)が開発した化学物質の大気環境濃度推定及び曝露評価を行なうモデルと一連のシステムです。
主な対象データ 排出量と簡単な物性を入力データとして用意すれば、化学物質の大気中濃度と地表への沈着量の分布を、詳細な空間解像度(5kmから100m四方格子)で推定。

AIST-ICET

要約 ICETとは、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)が開発した、室内製品に含まれる化学物質の人への吸入、経皮および経口暴露を評価するためのツールです。
主な対象データ 化学物質

AIST-MeRAM

要約 化審法の法体系に対応可能な実務的な生態リスク評価管理ツール:AIST-MeRAMは、 複数のリスク評価手法と評価に必要な有害性データや物性値等を搭載したツールで、化審法の法体系に準拠した評価システムも搭載しています。ユーザは物質、有害性評価や暴露評価といった評価手法や条件、評価用データ を選択・入力するだけで、評価結果をレポートとして出力できます。
主な対象データ 化学物質

AIST-SHANEL

要約 産総研?水系暴露解析モデル(national institute of Advanced Industrial Science and Technology- Standardized Hydrology-based AssessmeNt tool for chemical Exposure Load: 通称 AIST-SHANEL)とは、国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)が開発した、日本における河川流域の化学物質の暴露評価と対策評価のためのモデルです。
主な対象データ 気象データ、化学物質の排出量、基本的な物性(分子量、蒸気圧、水溶解度、Koc、半減期)

AIST‐CBAM

要約 有害化学物質生物蓄積モデル :有害化学物質生物蓄積モデルとは、海域での食物連鎖を考慮し生物(魚類)に蓄積される化学物質濃度を推定することができるモデルです。
主な対象データ 化学物質

BioDBScan

[ 公式 サイト ]
[ 詳細を見る ]
要約 「新着データお知らせツールBioDBScan」は、利用者が興味を持っている遺伝子、タンパク質、パスウェイ、疾患、化合物、薬剤などについて、NCBI、Ensembl、DrugBankなどの世界の主要なデータベースで新たにリリースされたデータの情報をお知らせするツールです。「リンク自動管理システム」の全データベース検索によって前週月曜日以降に新たにリンクされたデータが検出されると、その情報が毎週月曜日に電子メールで配信されます。BioDBScanは、新規関連文献お知らせツールPubMedScanの新機能として、平成23年度「経済産業省ライフサイエンスデータベースプロジェクト」で開発されました。産業技術総合研究所バイオメディシナル情報研究センターにて運営されています。
主な対象データ 遺伝子、パスウェイ、疾患など

CADLIVE

要約 CADLIVE とは、生命ネットワーク(代謝、遺伝子発現ネットワーク)解明のために、GUIを用いてネットワークを構築し、シミュレータと連携可能な形式でデータベースに保存することができるシステムです。複雑な分子間相互作用をもつ生命ネットワークを化学反応式によって記述することができます。本システムはGUIネットワークコンストラクター、仮想ノックアウト変異に対するパスウェイ検索プログラム、グリッドレイアウトプログラム、代謝制御ツールから構成されています。ネットワークコンストラクターは大規模代謝ネットワークマップを作成できます。仮想ノックアウト変異様のパスウェイサーチプログラムは2生物間の全ての可能性を探索するため、ノックアウト変異に対しては応用できます。グリッドレイアウトプログラムは生化学ネットワークマップを2次元グリッド上に自動投射します。ダイナミックシミュレーターは、生化学ネットワークマップを動的モデルに変換し、それらダイナミクスをシミュレートします。代謝制御ツールは要素モードをベースとしたアルゴリズムで開発されました。本システム開発の一部はNEDOプロジェクトからの財政的サポートで実施されました。(オリジナルサイトから)
主な対象データ 代謝産物

Dr DMASS

要約 Dr DMASSはマススペクトルデータを多変量解析で効果的に分析するために開発されており(i)ピーク補正、(ⅱ)多変量データの処理、および(iii)多変量解析の3つのステップから構成されています。ピーク補正過程では、internal mass calibrants(IMCs)による実験的な値と期待値間の関係に基づいた実験的なm/z値を選び出します。このソフトウェアとイントロダクションマニュアルはこのサイトで自由に利用可能です。このソフトウェアを使うためにはユーザーのコンピュータにJavaのJ2SDK 1.4.2がインストールされている必要があります。(出典:オリジナルサイトより)
主な対象データ マススペクトル

Dr DMASS+

要約 Dr DMASS+はマススペクトルデータを多変量解析で効果的に分析するために開発されており(i)ピーク補正、(ii)多変量データの処理、および(iii)教師なし学習 (iv)教師あり学習の4つのステップから構成されています(出典:オリジナルサイトより)。Dr DMASS( https://medals.jp/list/detail/116.html )に(iii)(iv)を加えた後継のツールです。
主な対象データ マススペクトル