成果物名 Dr DMASS+
成果物の別名 なし
成果物に関する説明

Dr DMASS+はマススペクトルデータを多変量解析で効果的に分析するために開発されており(i)ピーク補正、(ii)多変量データの処理、および(iii)教師なし学習 (iv)教師あり学習の4つのステップから構成されています(出典:オリジナルサイトより)。Dr DMASS( https://medals.jp/list/detail/116.html )に(iii)(iv)を加えた後継のツールです。

成果物のタイプ Tool
運用機関 奈良先端科学技術大学院大学
機関所在国 日本
サイトURL http://kanaya.naist.jp/DrDMASSplus/
インターフェイス GUI
入力

マススペクトルデータ(テキスト)、m/z値(テキスト)

出力

入力例

調査中

キーワード
多変量解析 | マススペクトルデータ
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 0|http://kanaya.naist.jp/DrDMASSplus/ からファイル(.zip あるいは .tar.gz)ダウンロード
使っている外部リソース 調査中
主な対象データ マススペクトル
生物種
全生物種
利用条件 調査中
データ更新頻度 (過去2年間) 2年以上なし
最終更新日(調査日) 2008/01/07 (2010/02/22)
利用できるID
調査中
IDを使った成果物の利用方法 調査中
外部リンク

調査中

論文等(PubMed ID)

調査中