成果物名 THE MICROARRAY ANALYSIS SYSTEM - TREBAX -
成果物の別名 TREBAX
成果物に関する説明

マイクロアレイ解析システム、TRBAXは主にスポット型アレイ法(cDNA マイクロアレイ法)により得られたデータをもとに、遺伝子の発現プロフィイルと分子生物学的機能、さらにはDNA 塩基配列とを効率的に対応づけることを可能としたデータ解析システムです。さらに、TREBAXはデータのフォーマットを合わせれば、スポット型アレイ法(cDNA マイクロアレイ法)以外のデータにも適用可能です。(http://kanaya.naist.jp/Web/software/trebax/manual/Jmanual.pdf より引用)

成果物のタイプ Tool
運用機関 奈良先端科学技術大学院大学
機関所在国 日本
サイトURL http://kanaya.naist.jp/Web/software/trebax/trebax2.html
インターフェイス GUI
入力

出力

入力例

単一のマイクロアレイ解析法:(1)データの前処理Partial Av.Scaing ボタンをダブルクリックすることにより、cDNA マイクロアレイにおける二つの実験間の偏り誤差を軽減するための前処理を行う。(2)マスターデータとの統合化InfMerge via. MasterFile ボタンでスポットID と遺伝子名を対応づける。Plotter ボタンをダブルクリックすることにより遺伝子名に対して補正対数比と平均対数強度に対する二次元プロットを得る。(3)機能分類解析Statistics for all ArrayDataボタンで、ユーザの設定した範囲の発現変化が得られた遺伝子を出力する。また、機能カテゴリーごとの遺伝子の分布を出力する。

キーワード
マイクロアレイ解析
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 8.6|http://kanaya.naist.jp/Web/software/trebax/trebax2.html からダウンロード
使っている外部リソース なし
主な対象データ 遺伝子発現 マイクロアレイデータ
生物種
全生物種
利用条件 調査中
データ更新頻度 (過去2年間) 2年以上なし
最終更新日(調査日) 2006/00/00 (2010/02/25)
利用できるID
N/A
IDを使った成果物の利用方法 調査中
外部リンク

N/A

論文等(PubMed ID)

pmid:17598888