成果物名 GlycoProtDB
成果物の別名 GPDB
成果物に関する説明

GlycoProtDBは、線虫 (Strain N2)およびマウス(C52BL/6J系のオス)の組織を材料として、実験的に同定されたN結合型糖タンパク質の情報を皆様に提供するためのデータベースである。これらのデータは、東京都立大学(現首都大学東京)大学院理工学研究科の生物化学研究室、並びに独立行政法人産業技術総合研究所の糖鎖工学研究センター(現糖鎖医工学研究センター)との共同研究により得られた成果である。

成果物のタイプ DB
運用機関 産業技術総合研究所 糖鎖医工学研究センター
機関所在国 日本
サイトURL http://jcggdb.jp/rcmg/gpdb/index.action
インターフェイス GUI
入力例

トップページの左側にあるキーワード検索ボックスに任意のキーワードを入れて検索ボタンを押す

キーワード
糖タンパク質|糖鎖修飾部位
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 -|なし
使っている外部リソース なし
主な対象データ タンパク質-モチーフ
生物種
"Caenorhabditis elegans [Taxonomy_id: 6239, 線虫] | Mus musculus [Taxonomy_id: 10090, マウス]"
利用条件 なし
データ更新頻度 (過去2年間) 1
最終更新日(調査日) 2008/00/00 (2009/02/03)
利用できるID
Protein ID
IDを使った成果物の利用方法 調査中
外部リンク

LfDB (http://riodb.ibase.aist.go.jp/rcmg/glycodb/LectinSearch)

論文等(PubMed ID)

pmid:17761667 | pmid:17406563 | pmid:16212438 | pmid:17761667