データベース

GGDB

noimage
成果物名GGDB
成果物の別名GlycoGene DataBase
成果物に関する説明糖鎖遺伝子は、糖転移酵素、糖ヌクレオチド合成酵素、糖ヌクレオチドトランスポーター、硫酸基転移酵素などのように、グリカン合成に関連している遺伝子を含んでいます。現在、180以上のヒト糖鎖遺伝子が同定されて、クローン作成され、特徴付けされています。 「糖鎖遺伝子ライブラリ作成プロジェクト」(2001年4月-2004年3月)において、基質特異性情報が格納された最初のデータベースである、糖鎖遺伝子データベース(GGDB)と同様に、私たちは糖鎖遺伝子に関するデータを収集し、編集しました。GGDBは、糖鎖遺伝子解析のために必要な情報を提供します。
成果物のタイプDB
運用機関産業技術総合研究所 糖鎖医工学研究センター
機関所在国日本
サイトURLhttps://acgg.asia/ggdb2/
インターフェイスGUI
入力例左のメニューから遺伝子(例:UGCG)を選ぶか、「キーワード検索」を選んで"UGCG"を入れて「検索」ボタンを押す。
キーワード糖鎖遺伝子
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法0.0|なし
使っている外部リソースRefSeq | HUGO | EntrezGene | CAZy | MGI
主な対象データDNA-配列 | 基質 | 発現
生物種"Homo sapiens [Taxonomy_id: 9606, ヒト]"
利用条件なし
データ更新頻度 (過去2年間)1
最終更新日(調査日)2008/00/00 (2019/07/02) 不明、既存日踏襲
利用できるIDHUGO gene symbol | RefSeq ID | GeneID | EC number | CAZy | MGI Marker Accession ID
IDを使った成果物の利用方法http://riodb.ibase.aist.go.jp/rcmg/ggdb/Homolog?cat=symbol&symbol=[HUGO gene symbol]
外部リンクなし
論文等(PubMed ID)pmid:15467393
稼働状況稼働中