成果物名 FLJ Human cDNA Database
成果物の別名 なし
成果物に関する説明

"FLJヒト完全長cDNAデータベースはTSSの多様化やスプラシシングにより引き起こされるmRNAの多様性に焦点を当てたヒトcDNA配列解析データベースとして構築されました。ヒト遺伝子数は20,000-25,000と推定されていました。しかし、ヒトmRNAの多型は100,000程度と予測されています。この多様性はTSSとスプライシングの多様化により引き起こされていると考えれらています。先行のヒトcDNAプロジェクトでは、約30,000のヒト完全長cDNA配列がDDBJ/GenBank/EMBLに登録され、更にオリゴキャップ法で構築されたヒト組織や細胞の約100種にもわたるcDNAライブラリー由来のFLJ完全長cDNAの1400000件 5’末端ESTを取得した。(出典:オリジナルサイトより)"

成果物のタイプ DB
運用機関 産業技術総合研究所 創薬分子プロファイリング研究センター
機関所在国 日本
サイトURL http://flj.lifesciencedb.jp/
インターフェイス GUI
入力例

"Databases" から対象DBを選択し、"ID"のテキストボックスに"BRACE3039378"を入力して、[Submit]ボタンを押す。

キーワード
人 | 完全長cDNA | クローン | transcription start site
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 379|http://flj.lifesciencedb.jp/top/sys_info/02_about_database/accession_no/accession_no_v031.htm からファイルダウンロード
使っている外部リソース KIAA | MGC | DKFZ | RefSeq | Ensembl | UniGene | UCSC
主な対象データ DNA-配列 完全長cDNA
生物種
"Homo sapiens [Taxonomy_id: 9606, ヒト]"
利用条件 調査中
データ更新頻度 (過去2年間) 2
最終更新日(調査日) 2012/03/07 (2012/07/20)
利用できるID
FLJ ID (NBRC) | Clone ID (NBRC)
IDを使った成果物の利用方法 http://flj.lifesciencedb.jp/v031/cgi/sv_cdna_info.cgi?cdna=C-[Clone ID]
外部リンク

調査中

論文等(PubMed ID)

調査中