成果物名 TACT
成果物の別名 Transcriptome Auto-annotation Conducting Tool
成果物に関する説明

" Transcriptome Auto-annotation Conducting Tool (TACT)は相同性検索(BLASTX, FASTY)、ORF予測、モチーフ検索解析(InterProScan)を統合し、真核生物遺伝子の機能を自動予測できる統合的自動アノテーションシステムです。TACTはH-Invitationalプロジェクトの一環として開発され、 ヒト遺伝子アノテーション統合データベースH-Invitational Database (H-InvDB)の構築・発展に貢献しています。"

成果物のタイプ Tool
運用機関 産業技術総合研究所(AIST) 創薬分子プロファイリング研究センター(molprof)
機関所在国 日本
サイトURL 運用終了
インターフェイス GUI
入力

出力

入力例

画面上部中央のクエリー入力画面に塩基配列またはDDBJ accessionを入力して、「クエリ送信」ボタンを押してください。

キーワード
遺伝子
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 0.0|なし
使っている外部リソース DDBJ/EMBL/GenBank | Ensembl | Gene ontology (GO) | H-InvDB | InterPro | RefSeq | UCSC | UniProt
主な対象データ DNA-配列
生物種
脊椎動物-哺乳類-ヒトヒト以外の41生物種(http://h-invitational.jp/tact/species.html)
利用条件 表示-改変禁止アカウント不要
データ更新頻度 (過去2年間) 9
最終更新日(調査日) 2008/03/03 (2008/10/06)
利用できるID
Transcript ID (DDBJ accession for H-InvDB transcripts)
IDを使った成果物の利用方法 http://h-invitational.jp/tact/cgi-bin/tact.cgi?acc=[DDBJ accession]
外部リンク

H-InvDB(http://www.h-invitational.jp/)

論文等(PubMed ID)

pmid:16845023