成果物名 H-ANGEL
成果物の別名 he Human Anatomic Gene Expression Library
成果物に関する説明

H-ANGELは、ヒトの遺伝子発現についての情報を提供するデータベースです。H-Invitationalプロジェクトの構築した転写産物データに対する遺伝子発現パターンを表示します。遺伝子発現パターンは複数の測定プラットフォームを統合した組織特異的発現データに基づき、実用的な組織分類で表現しています。H-ANGELはまた、遺伝子の発現情報をヒトゲノム上の対応する物理的位置上に表示します。これらの情報は、H-InvDBに蓄積された対応する転写産物あるいは遺伝子座のアノテーションデータにリンクされており、こうした統合を通じて、プラットフォーム横断的に遺伝子発現データを比較して眺めることができます。

成果物のタイプ DB
運用機関 産業技術総合研究所 創薬分子プロファイリング研究センター
機関所在国 日本
サイトURL http://h-invitational.jp/hinv/h-angel/
インターフェイス GUI
入力例

プルダウンメニュウから入力するデータIDのタイプを選択し、そのIDをテキストボックススに入力し”Submit”ボタンを押します。または"Pattern Search"ボタンを押します。

キーワード
遺伝子発現
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 25|http://h-invitational.jp/hinv/download/h-angel/H-ANGEL_matrix.txt.gz
使っている外部リソース 外部機関の発現データを利用している。詳細は下記サイトの”4.4.4 H-ANGEL (H-InvDB_3.0) が使用しているすべての発現データセットの概要”参照。http://www.h-invitational.jp/hinv/help/help_index_jp.html
主な対象データ 遺伝子発現
生物種
"Homo sapiens [Taxonomy_id: 9606, ヒト]"
利用条件 調査中
データ更新頻度 (過去2年間) 1
最終更新日(調査日) 2013/03/26 (2013/03/28)
利用できるID
H-Inv locus ID | Accession Number | UniGene ID | GeneID | OMIM ID | Definition(Genbank) | Product(Genbank)
IDを使った成果物の利用方法 http://h-invitational.jp/hinv/h-angel/wge_server.cgi?gpid=[HIX]
外部リンク

UniGene(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?db=unigene) | BodyMap(http://bodymap.ims.u-tokyo.ac.jp/) | LSBM(http://www.lsbm.org/site_e/database/about.html)

論文等(PubMed ID)

調査中