成果物名 遺伝子多様性データベース公開システム(H-GOLD)
成果物の別名 Gene Diversity DataBase System (GDBS)
成果物に関する説明

モデル疾患として選択した多因子性疾患について収集した遺伝子多型情報(JBIRCで収集し実験で多型性を確認したマイクロサテライト等)の2つのデータベースと疾患関連遺伝子を同定する実験・解析フロー(各種の検定、連鎖不平衡係数推定、集団のハプロタイプ頻度推定、ハプロタイプ組合せ分布推定等)のための7つの解析ツールです。Web上の解析サービスは平成19年3月で終了しました。解析ソフトウェアダウンロードサービスは利用可能です。平成24年6月22日より生命科学系データベースアーカイブにてGDBSのデータアーカイブが公開されました。

成果物のタイプ DB
運用機関 産業技術総合研究所(AIST) 創薬分子プロファイリング研究センター(molprof)
機関所在国 日本
サイトURL
インターフェイス その他
入力例

各データベ?スを参照してください。位置・多型情報検索データベース (Genome Viewer)、疾患解析情報検索データベース。解析ツ?ル:gPCR、AStat、POPGAN、Clark、LDConf、RIGHT。

キーワード
調査中
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 1650.0|NA
使っている外部リソース 調査中
主な対象データ DNA-多型 、マイクロサテライト、SNP
生物種
"Homo sapiens [Taxonomy_id: 9606, ヒト]"
利用条件 調査中
データ更新頻度 (過去2年間) 0
最終更新日(調査日) 2007/00/00 (2008/10/09)
利用できるID
dbSNP rs# (GemDBJ) | HUGO gene symbol | H-GOLD Marker ID | RefSeq ID | UniGene ID | GeneID
IDを使った成果物の利用方法 unknown
外部リンク

UniGene | RefSeq

論文等(PubMed ID)

pmid:16921495 | pmid:15304004 | pmid:15051538 | pmid:14651519 | pmid:15781572 | pmid:14751987 | pmid:15496197 | pmid:15880602 | pmid:15459183 | pmid:15982633 | pmid:12366786 | pmid:15103394 | pmid:16282725 | pmid:12533787 | pmid:15611197 | pmid:16479317 | pmid:15377025 | pmid:16406727 | pmid:12082643 | pmid:16115811 | pmid:16283139 | pmid:16470329 | pmid:16014635 | pmid:12528135 | pmid:11197306 | pmid:15180706 | pmid:15557284 | pmid:16011705 | pmid:11556964 | pmid:12185533 | pmid:16500997 | pmid:16518056 | pmid:16123224 | pmid:16185645 | pmid:11434330 | pmid:11501946 | pmid:12418970 | pmid:12938017 | pmid:13680298 | pmid:15845036 | pmid:12509789 | pmid:12506336 | pmid:11170743 | pmid:12956875 | pmid:15454562 | pmid:16410689 | pmid:14654540 | pmid:16856881 | pmid:15886317 | pmid:16549822 | pmid:16000323 | pmid:15239142 | pmid:12493014 | Eguchi S and Copas J. "A class of logistic-type discriminant functions." Biometrika 89:1-22, 2002. | Fujisawa H. "On usefulness of maximum likelihood estimator using incomplete data." Measurements and Multivariate Analysis (eds. S. Nishisato et al.), Springer 227-232, 2002. | Satoh K, Ohtaki M. "A note on multiple regression for single index model." Communications in Statistics, Theory and Methods 33:1-14, 2004. | Satoh K, Otani K, Ushijima M, Isomura M, Matsuura M, Miki Y, Ohtaki M "Genotyping of Single Nucleotide Polymorphisms Based on a Mathematical Model for Two-Dimensional Data." Jpn. J. of Biometrics 25: 61-67, 2004. | Satoh K, Yanagihara H, Ohtaki M. "Clustering method by connected neighborhoods and its application." Advances and Applications in Statistics 4(2): 223-231, 2004. | Tomita M. "Calculation and Property of Disequilibrium Parameters on Linkage Disequilibrium Analysis." Journal of Dokkyo University Studies of Economics 76:53-55, 2003. | Tonda T. "A class of multivariate discrete distributions based on the approximate density in GLMM." Hiroshima Mathematical Journal 35(2): 327-349, 2005. | Yanagihara H, Ohtaki M. "A family of regression models having partially additive and multiplicative covariate structure." Bulletin of Information and Cybernet“Special Issue in Honor of Professor Takashi Yanagawa Part II”37: 49-64, 2005.安藤哲也,小牧元特集 摂食障害の罹患感受性遺伝子分子精神医学4(2):21-28,2004磯村実、三木義男SNP解析とオーダーメイド医療血液フロンティア13(3): 339-345、2003.磯村実、三木義男SNP解析と薬剤の有害事象回避治療学 38:1314-1316、2004.磯村実、三木義男抗がん剤治療の個別化とSNP解析がん分子標的治療 2:141-146、2004.岡晃、猪子英俊多因子遺伝病としての乾癬最新医学(増刊臨床遺伝学05’)60: 2180-2190、2005.岡本浩一、岡晃、猪子英俊マイクロサテライト関節マーカーを用いた疾患解析の現状と展望、モデル領域としてのHLAからゲノムワイドなレベルへ、Molecular Medicine (臨時増刊号 癌ゲノム学) 39: 34-41、2002.岡本浩一、猪子英俊マイクロサテライトを用いた関節リウマチ感受性遺伝子の同定臨床免疫 38:593-599、2002.岡本浩一、猪子英俊マイクロサテライトマーカー医学のあゆみ 200:1254-1255、2002.岡本浩一、田宮元、猪子英俊マイクロサテライトの性質と遺伝的マーカーとしての有用性、-ゲノムワイド相関解析による疾患感受性遺伝子の同定を目指して-ゲノム医学 2:1254-1255、2002.岡本浩一、田宮元、猪子英俊慢性関節リウマチ感受性遺伝子リウマチ 40:917-926、 2001.間野修平、猪子英俊Common Diseaseの感受性遺伝子の探索ゲノム医学 3: 75-82、 2003.宮田敏適合型モデル選択基準に基づく非線型回帰モデルの推定応用統計学33:70-92、2004.高橋かおる、霞富士雄、松浦正明、山下孝、秋山太、坂元吾偉乳房内再発からみた乳房温存治療の長期成績乳癌の臨床 20(5): 354-361、2005.12.三木義男<疾患解明Overview>第4回乳がんに対する個別化化学療法の開発実験医学 22:1311-1315、2004.三木義男ゲノム解析による抗がん剤感受性と副作用予測因子の同定血液・腫瘍科47:172-177、2003.三木義男癌化学療法とSNPs.G.I.Research 11: 435-441、2003.三木義男体系的ゲノム解析による抗癌剤応答性および副作用予測の試み癌治療と宿主 16:315-320、2004.小牧元、安藤哲也摂食障害!)基礎から臨床まで 摂食障害の遺伝学的研究脳と神経の総合学術誌脳21,7(4), 2004松浦正明癌の診断・治療へ向けてのバイオインフォマティクス実験医学 22(14): 1949-1953, 2004.松浦正明、牛嶋大、宮田敏メディカルインフォマティクスのためのゲノム関連データの解析法とその問題点計量生物学 25: 117-134、 2004.猪子英俊ゲノムサイエンスの新潮流 マイクロサテライトが切り開く新しいゲノム科学日経サイエンス 5:108、2003.長!)光一、奥喜全、三木義男乳癌のゲノム解析 -遺伝子発現プロファイルを用いた個別化医療の確立実験医学 22(14): 1938-1942、2004.田宮元、猪子英俊ゲノム医科学の新展開 遺伝的相関解析を中心として細胞工学 20:61-64、2001.藤本慶、田宮元、猪子英俊並列処理コンピューターシステムによるゲノム解析研究細胞工学 20:1653-1659、2001.冨田誠統計処理における注意点とその解決リウマチ 41(6): 951-957、2001.和田悠作、三木義男がんとゲノム解析最新医学 58: 2146-2154、2003.和田悠作、三木義男がんゲノム解析の臨床への応用血液・腫瘍科48:156-161、2004.和田悠作、三木義男遺伝子分析によるテイラーメイド医療からだの科学 238:55-59、2004.