成果物名 AJCSD
成果物の別名 ASEAN-Japan Chemical Safety Database
成果物に関する説明

日ASEAN化学物質管理データベース(ASEAN-Japan Chemical Safety Database : AJCSD)は、日ASEAN経済産業協力委員会(AMEICC)化学ワーキンググループ(WG-CI)の合意に基づき、日本とASEAN各国が共同で構築したデータベースです。ASEAN各国の化学物質の規制情報や有害性情報、GHS分類結果、サンプルSDS等を収載しています。

成果物のタイプ DB
運用機関 製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター
機関所在国 日本
サイトURL http://www.ajcsd.org/
インターフェイス GUI
入力例

CAS番号、化学物質名称から、目的の物質を検索することができます。

キーワード
化学物質
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 0.0|なし
使っている外部リソース 不明
主な対象データ 化学物質
生物種
なし
利用条件 なし
データ更新頻度 (過去2年間) 随時
最終更新日(調査日) 2018/03/20(2018/04/17)
利用できるID
CAS番号
IDを使った成果物の利用方法 なし
外部リンク

なし

論文等(PubMed ID)

なし