成果物名 RISCAD
成果物の別名 Relational Information System for Chemical Accidents Database
成果物に関する説明

リレーショナル化学災害データベース:当データベースは、事故が多発している煙火原料、組成物の安全情報を整備・公開し、 化学物質の爆発安全にかかわる情報(物性、評価法、過去の事例、予測法など)を網羅的に調べることができるような、百科事典的データベースの作成を目的とし、様々な産業や研究活動における安全性向上に少しでも寄与することを目指して作製しています。

成果物のタイプ DB
運用機関 産業技術総合研究所 安全化学研究部門
機関所在国 日本
サイトURL https://riscad.aist-riss.jp/
インターフェイス GUI
入力例

経済産業省所管の火薬類、高圧ガス関連の災害事例や消防法危険物関連災害事例、その他の化学プラント関連災害事例を基礎として、これらの災害事例を整理

キーワード
化学災害事例 |化学物質
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 0|なし
使っている外部リソース 事故について事象を時系列で整理し、「事故分析手法PFA」で分析した事故進展フロー図、関連化学物質の危険性情報、化学プロセスフローなどをリレーショナルにリンク。
主な対象データ 化学災害事例 |化学物質
生物種
全生物種
利用条件 なし
データ更新頻度 (過去2年間) 随時
最終更新日(調査日) 2017/11/14
利用できるID
CAS番号|日化辞番号
IDを使った成果物の利用方法 なし
外部リンク

なし

論文等(PubMed ID)

調査中