成果物名 発がん性予測システム
成果物の別名 なし
成果物に関する説明

化合物を投与したラット肝臓における遺伝子の発現量を測定し、発がん性予測用にカスタマイズされた遺伝子群を用いて、早期に化合物の発がんリスクを予測するものです。通常のげっ歯類を用いた発がん性試験は投与期間として2年間が必要ですが、本システムでは14日間もしくは28日間の短期間投与で得られる生体試料を適用できることが大きな特徴です。(出典:オリジナルサイトより)本システムは受託解析サービスとして事業化されています。

成果物のタイプ Tool
運用機関 化学物質評価研究機構
機関所在国 日本
サイトURL http://www.cerij.or.jp/service/03_omics/gene_expression_01.html
インターフェイス なし
入力

出力

入力例

なし

キーワード
発がん予測|スクリーニング|肝臓|F344ラット|SDラット|Whole Rat Genome Toxplus|Rat Genome 230 2.0Array
ダウンロードデータ総量(Mbyte) | データ一括取得方法 0|なし
使っている外部リソース 調査中
主な対象データ 化合物
生物種
ラット
利用条件 調査中
データ更新頻度 (過去2年間) 調査中
最終更新日(調査日) 2010/00/00 (2012/06/12)
利用できるID
N/A
IDを使った成果物の利用方法 なし
外部リンク

N/A

論文等(PubMed ID)

pmid:20011461 | pmid:17327692 | pmid:17785943 | pmid:17070881