Home  プロジェクト一覧  構造活性相関手法による有害性評価手法の開発

詳細情報

プロジェクト名 構造活性相関手法による有害性評価手法の開発
分野 調査中
目的

本プロジェクトは、化学物質のヒトに対する毒性をより的確、効率よく評価出来るような反復投与毒性を対象とした有害性評価支援システム統合プラットフォームの構築を目的とし、化学物質のリスク評価・管理の効率的な実施に貢献するものです。

紹介

調査中

キーワード 調査中
開始-終了年度 2007-2011
代表者 林 真
代表者所属組織 食品農医薬品安全性評価センター
予算 調査中
代表委託機関 (独)製品評価技術基盤機構|富士通(株)
参加機関 国立医薬品食品衛生研究所|東北大学大学院薬学研究科|ブルガス大学|関西学院大学 理工学部
報告書
特許(日本、海外)
アーカイブ