Home  プロジェクト一覧  戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業

詳細情報

プロジェクト名 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業
分野 素材・エネルギー関連予算
目的

バイオマスのガス化・液化(BTL)、及び微細藻類由来の油分等をバイオ燃料として利用 するための次世代技術の開発、並びに既存の都市ガスインフラに注入可能なバイオガス精製技 術等の実用化技術開発を行う。

紹介

食糧生産活動に影響しない原料を用いた次世代技術の開発と既存技術の高効率化を目指した実用化技術の開発を行います。
①次世代技術開発(2/3共同研究、委託)平成42年(2030年)頃の実用化を見据える微細藻類由来のバイオ燃料製造技術、バイオマスのガス化及び液化等の次世代技術開発を実施します。
②実用化技術開発(2/3共同研究)林地残材の発生場所付近で使用可能な熱分解ガス化装置の高効率化や、バイオガスを既存の都市ガスインフラ等で利用するためのガス精製技術等、平成32年(2020年)頃の実用化を目指した実用化技術開発を実施します。

キーワード
開始-終了年度 2010-2016
代表者 NEDOから民間企業等へ委託し、研究開発を行います
代表者所属組織
予算 11.2億円(H27年度)、4.0億円(H28年度)
代表委託機関 経産省からNEDO、民間企業等へ委託し、研究開発を行います。
参加機関 ・微細藻類の改良による高速培養と藻体濃縮の一体化方法の研究開発

(株)IHI
神戸大学
(株)ちとせ研究所

・高油脂生産微細藻類の大規模培養と回収および燃料化に関する研究開発

(株)デンソー
中央大学
(株)クボタ
出光興産(株)

・好冷性微細藻類を活用したグリーオイル一貫生産プロセスの構築

電源開発(株)
日揮(株)
東京農工大学

・原料の生産・調達、ペレット燃料製造の研究開発

株)トヨタ自動車
(株)北川鉄工所



報告書 ダウンロード
特許(日本、海外)
アーカイブ