Home  プロジェクト一覧  立体造形による機能的な生体組織製造技術の開発

詳細情報

プロジェクト名 立体造形による機能的な生体組織製造技術の開発
分野 バイオテクノロジー・医療技術
目的

医療機器の世界市場は約8%の成長率を維持しており、今後も拡大すると予測される中、我が国の医療機器産業は輸入超過(平成24年度は貿易収支で約0.7兆円のマイナス)が続いています。
 本プロジェクトでは、バイオ3Dプリンタや細胞シート積層技術などの立体造形技術を用いて、iPS細胞などから骨や血管、心臓などの立体組織・臓器を製造する技術開発を行います。

紹介

我が国が強みを有する細胞を立体造形する技術を活用し、画期的な再生医療製品を世界に先駆けて実用化することにより、我が国の医療機器産業等の国際競争力強化に貢献します。

キーワード
開始-終了年度 2014-2019/3/31
代表者 NEDOから民間企業等へ委託し、研究開発を行います。
代表者所属組織 情報源:http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100087.html
予算 10億円(H26年度)
代表委託機関 NEDOから民間企業等へ委託し、研究開発を行います。
参加機関 東京大学医学部付属病院
佐賀大学
大阪大学大学院
京都大学
東京女子医科大学

※各プロジェクトの研究開発責任者所属のみ抜粋
※その他委託先、再委託先(大学、民間企業等)多数あり



報告書 ダウンロード
特許(日本、海外)
アーカイブ