Home  プロジェクト一覧  再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発

詳細情報

プロジェクト名 再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発
分野 バイオテクノロジー・医療技術
目的

再生医療は、手術・投薬などの従来の手法では治療困難とされる疾患の根本治療に道を拓くものであり、生物学的、医学的な研究が進むにつれ、再生医療により多様な治療が可能になることが期待されています。
本プロジェクトでは、医療の場に供される再生医療製品を安全かつ安価に製造・加工するための、各プロセスが連携した製造システムの開発を行います。

紹介

具体的には、対象となる疾患や適用する術式に対応した再生医療製品及びその原料となるヒト幹細胞を製造・加工する上で必要となる、拡大培養、分化誘導(培養)、品質管理(評価)、加工、保存(凍結・解凍)等の各プロセス及びプロセスの正確性・確実性を担保するための工程管理技術について、個別要素技術の自動化装置や培地・基材等の周辺製品を開発します。更に、これらを最適に組み合わせて連携させた製造システムを構築し、実際に製造を行い評価します。これにより、ヒト幹細胞を応用した再生医療製品開発の促進や再生医療製品及び再生医療周辺製品の国際競争力強化を図ります。

キーワード
開始-終了年度 2014-2019/3/31
代表者 NEDOから民間企業等へ委託し、研究開発を行います。

PL:中畑 龍俊(国立大学法人京都大学 iPS細胞研究所 教授)
代表者所属組織 情報源:
http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100085.html
予算 20億円(H26年度)
代表委託機関 NEDOから民間企業等へ委託し、研究開発を行います。

PL:中畑 龍俊(国立大学法人京都大学 iPS細胞研究所 教授)
参加機関 京都大学
大阪大学
名古屋大学
医薬基盤研究所
東京大学
東京女子医科大学
東海大学
東北大学
名古屋大学
幹細胞評価基盤技術研究組合

他、再委託及び共同実施先あり
報告書 ダウンロード
特許(日本、海外)
アーカイブ