Home  プロジェクト一覧  幹細胞産業応用促進基盤技術開発

詳細情報

プロジェクト名 幹細胞産業応用促進基盤技術開発
分野 バイオテクノロジー・医療技術
目的

iPS細胞(人工多能性幹細胞)は体内のあらゆる細胞に変化することができる万能細胞であり、創薬プロセスや再生医療への産業応用が期待されています。

本事業では、ヒト由来のiPS細胞を用いた医薬品の安全性を評価するシステム・装置を開発します。これにより、製薬産業における新薬開発を効率化するとともに、iPS細胞の産業化を図ります。

紹介

以下の研究開発を実施しています。

①ヒト由来のiPS細胞から心筋細胞等を効率的に作製する技術を実現します。

②ヒト由来のiPS細胞から作製された心筋細胞等を用いて、医薬品の安全性を評価するためのシステム・装置を実現します。

キーワード
開始-終了年度 2008-2014/3/31
代表者 経済産業省から(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)へ交付金を交付し、NEDOから民間企業等へ委託し、研究開発を行います。

※以下のプロジェクトを実施しています。
・「ヒト幹細胞産業応用促進基盤技術開発(iPS細胞等幹細胞産業応用促進基盤技術開発)」

PL:安田 賢二(国立大学法人東京医科歯科大学 教授)
代表者所属組織 情報源:
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/Kennkyuukaihatsu/health/cell/index.html
予算 6.7億円(H23年度)
代表委託機関 経済産業省から(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)へ交付金を交付し、NEDOから民間企業等へ委託し、研究開発を行います。

※以下のプロジェクトを実施しています。
・「ヒト幹細胞産業応用促進基盤技術開発(iPS細胞等幹細胞産業応用促進基盤技術開発)」

PL:安田 賢二(国立大学法人東京医科歯科大学 教授)
参加機関 国立大学法人京都大学
株式会社ツーセル
国立大学法人東北大学大学院
独立行政法人国立成育医療研究センター
国立大学法人東京医科歯科大学


※プロジェクトリーダー、サブプロジェクトリーダーの所属機関のみ抜粋。
実施体制としてはこの下に民間企業等への委託がある。
報告書 ダウンロード
特許(日本、海外)
アーカイブ