Home  プロジェクト一覧  化学物質の有害性試験方法開発の動向に関する調査

詳細情報

プロジェクト名 化学物質の有害性試験方法開発の動向に関する調査
分野 化学物質管理技術
目的

平成18年度にNEDOの新規プロジェクト「高機能簡易型有害性評価手法開発」が予定されることとなった。そこで本調査では、(1)NEDOとして必要な技術開発投資の方向性と領域の明確化(毒性の種類とそのメカニズム等)と、(2)本プロジェクトの妥当性の検証を行った。

紹介

化学物質の有害性評価に長年貢献してきた動物試験は、コストや動物愛護上の課題がある一方、有害性評価へのニーズは高まっており、高精度で簡易・安価な評価手法が求められている。その中で、細胞内物質の網羅的測定や細胞利用等のようなバイオ関連の新規技術が近年著しく発達、動物試験代替法への応用が期待されており、平成18年度にNEDOの新規プロジェクト「高機能簡易型有害性評価手法開発」が予定されることとなった。そこで本調査では、(1)NEDOとして必要な技術開発投資の方向性と領域の明確化(毒性の種類とそのメカニズム等)と、(2)本プロジェクトの妥当性の検証を行った。(NEDO 平成17年度成果報告書 化学物質の有害性試験方法開発の動向に関する調査(100008039)より引用)

キーワード 化学物質|毒性
開始-終了年度 2005-2006
代表者 調査中
代表者所属組織 みずほ情報総研株式会社
予算 調査中
代表委託機関 みずほ情報総研株式会社
参加機関 みずほ情報総研株式会社
報告書
特許(日本、海外)
アーカイブ