Home  プロジェクト一覧  基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発 遺伝子発現解析技術を活用した個別がん医療の実現と抗がん剤開発の加速

詳細情報

プロジェクト名 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発 遺伝子発現解析技術を活用した個別がん医療の実現と抗がん剤開発の加速
分野 バイオテクノロジー・医療技術分野
目的

本プロジェクトは独自開発の遺伝子発現解析技術による基礎研究成果を、がん臨床、さらには、抗がん剤開発現場へ橋渡しする。それにより、現在連携製薬企業が開発中の、および、臨床ですでに使用されている抗がん剤について、その効く・効かないを区別することのできる感受性遺伝子群を同定し、それらを治療方針決定用診断ツールとして活用した個別がん医療の実現を目指す。並びに、がん鑑別診断マーカーや創薬標的となる新たな遺伝子を同定し、それらに関する生物学的解析結果を含むデータをすみやかに連携製薬企業に開示することによって、各連携企業における新規がん治療薬開発の加速に資する。

紹介

研究開発テーマは下記の通り。1. 細胞株を用いた抗がん剤感受性遺伝子群の同定企業が開発中の抗がん剤、並びに、臨床で使用されている抗がん剤の感受性を評価できる遺伝子群を細胞株の遺伝子発現解析と薬剤感受性試験で同定する。2. 臨床がんサンプルを用いた抗がん剤感受性遺伝子群の有効性検証臨床拠点および共同研究先で取得したがんサンプルの遺伝子発現解析を行い、臨床情報を統合したデータベースと照合解析し、上記感受性遺伝子群について、臨床での有効性を検証する。3. 遺伝子発現情報の解析による創薬標的遺伝子等の同定これら細胞株及び臨床がんサンプルの遺伝子発現情報を再解析し、同種がん内の多様性、個性に対応する新規がんマーカー遺伝子及び新規抗がん剤標的遺伝子を探索・同定する。

キーワード 抗がん剤感受性遺伝子群 | 臨床がんサンプル | 遺伝子発現情報
開始-終了年度 2009-2012
代表者 調査中
代表者所属組織 調査中
予算 調査中
代表委託機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
参加機関 (社)バイオ産業情報化コンソーシアム | (株)ニッポンジーン | アステラス製薬(株) | 大鵬薬品(株) | 第一三共(株) | 協和発酵キリン(株) | 小野薬品(株) | 福島県立医科大学 | 早稲田大学 | 産業技術総合研究所 | 東京大学
報告書 ダウンロード
特許(日本、海外)
アーカイブ